アクア排気量|アクア価格ネット

MENU

アクアとライバル車の排気量を徹底比較!

アクアの排気量について

TOYOTA・アクアは、1500ccのガソリンエンジンにモーターのアシストの組み合わせです

2011年の新車発売以来、世代を問わず大人気となっているTOYOTA・アクアは、1.5Lのガソリンエンジンにモーターのアシストを組み合わせたハイブリッド専用車。

 

すでに発売から5年以上が経過しているモデルですが、販売台数は非常に多く、人気の高さが伺えますね。

 

つい先月マイナーチェンジを受け、魅力が一層高まりました。

 

デザインが一新されて見た目もシャープになったことから、販売台数は増加するのではないでしょうか?

 

さて、搭載されるエンジンの種類といえば1.5Lの1種類のみ。

 

このハイブリッドエンジンはアクア登場時にお披露目され、今まではハイブリッド車はプリウスなどミドルクラスのみだったので、日本の税制や保険料でもアドバンテージがある1.5Lエンジンは大いに歓迎されたのを覚えています。

 

しかも、その燃費の良さに誰もが驚いたのでした。

 

アクアと比較される車とは?

そんなアクアとよく比較され、ライバル車とも目されるのが同じTOYOTAのプリウスと、HONDAのフィットです。

 

なぜ、この2車種なのでしょう?

 

答えは簡単で、「燃費性能」が競合しているからです。

 

プリウスとアクアは車格が違うので比べるのは…とも思ってしまいますが、燃費に注目すると非常に似通っていますよね。

 

アクアとフィットは、以前は燃費性能世界一を争ったこともありました。

 

先進のエコカー購入をされる方は、アクアを含めこの3車種で迷う場合も多いことでしょう。

 

プリウスとフィットの排気量は?

先述したプリウスとフィットの排気量ですが、プリウスは少し大きな1.8Lエンジンを積んでいて、フィットの方はアクアと同じ1.5Lエンジン(ハイブリッド仕様の場合)になります。

 

プリウスは車体サイズが大きく、アクアより約300kg重い車重であるため余裕のあるエンジンを積んでいますが、フィットはアクアと同じサイズ感ですので、同じ排気量が採用されています。

 

モーターアシスト効果の違い

排気量が分かったところで、カタログ上のスペックを見てみましょう。

 

アクア[74馬力11.3kgf・m]、プリウス[98馬力14.5kgf・m]、フィット[110馬力13.7kgf・m]となっています。

 

この数値を見ると、あれ?と疑問に思うかもしれません。

 

1.8Lのはずのプリウスの最高出力が、1.5Lのフィットに負けているではありませんか。

 

そして、アクアの数値が非常に低いことも気になるポイントです。

 

そこで、ハイブリッド車のもう一つの出力であるモーターアシスト分を示すと、アクア[61馬力17.2kgf・m]、プリウス[72馬力16.6kgf・m]、フィット[29.5馬力16.3kgf・m]と。

 

これを見て、いかがでしょうか。

 

TOYOTAの2車は、モーターによるアシストが非常に大きいことが分かりますし、対してHONDAのフィットはエンジンそのものの出力を高くしているのですね。

 

つまり、車の性格に合わせてエンジンとモーターそれぞれのバランスが考えられています。

 

アクアは数値以上の走りの良さを見せる

このようにアクアは、フィットの2倍以上の出力を誇る、プリウスに肉薄するような大きいモーターを積んでいます。

 

そのため、エンジンそのものは控えめであっても、モーターアシストの効果で非常にパワフルな走りを披露するのです。

 

そして、重量物であるモーターを低い位置に積むことによって、低重心な走りも見せてくれます。

 

このあたりは試乗して頂くと実感できると思いますので、決してカタログの数値だけでアクアを甘く見ない方が良いということでしょう。

 

偉そうに言っていますが、私自身も試乗で非常に驚いた経験があり、少し甘く見ていたようです。

 

モーターアシストが大きいと、発進が非常にスムーズになり最初から大きな駆動力を得ることができます。

 

また、モーターの電力が無くなりにくくなり、アシスト効果が長続きするといったメリットもあります。

 

そして何よりも、「ハイブリッド感」を実感でき、従来のガソリン車とは一味違った電動力による走行を楽しむことができるのです。

アクア価格ネット TOPページへ >>



アクアを安く買うコツは、今の愛車を≪最高価格≫で売って、その代金を新車購入に充てることです!

愛車の最高価格を「ズバット車買取り比較」で確認して見る!>>