アクアのインテリア|アクア価格ネット

MENU

アクアのインテリア

アクアのインテリアに対し、高級感が足りないなどと言う評価をする方がみえますが、それは大きな間違いです。

アクアはかなり機能的でベーシックなトヨタらしいインテリアを持っています。

アクアの車両価格は、ハイブリッドシステムを搭載した車としては圧倒的に安いのはご存じの通りです。とはいえ、どうしても販売の価格帯はミドルクラスセダンに近くなります。アクアの作りは基本的にコンパクトカークラスです。比較対象を他のコンパクトクラスの車とすれば、アクアはかなり機能的でベーシックなトヨタらしいインテリアを持っています。

 

インテリアで目に付くのは、シートの座面の長さでしょう。実際、国産車のコンパクトカーは、どれに乗ってもシート座面の長さが短く、長距離移動での座り心地が悪いという難点がありました。

 

アクアではまず、前席・後席共に座面の長さを大きく取り、適正な着座姿勢を取れるようにしています。短時間の試乗では気がつかない点なのですが、実際に所有して長時間のドライブをした場合、他のコンパクトカーとは比較にならないほどのアドバンテージとなります。ハイブリッドを搭載し航続距離が長くなりましたので、嬉しい装備となります。

 

すっかり一般的になりましたセンターメーター仕様も、トヨタは早い時期から採用していたため、搭載位置やダッシュボード全体のデザインもかなり秀逸と言えます。そのコンビネーションメーターは、見やすく分かり易い=使いやすい物です。ハイブリッドインジケーター・ドライブモニターは、初期のハイブリッド車と比較してかなり分かり易くなりました。

 

また、ナビゲーションなどの位置もダッシュ中心ではなく若干オフセットされており、運転中は視野の外になるため煩わしさを感じさせないのも好印象です。室内幅が狭いコンパクトカーでこの配慮を行うため、かなりデザインに苦労していると考えられます。

 

ラゲージスペースにかなりの余裕が出来ました

ハイブリッドバッテリーをリアシート下に配置したことで、ラゲージスペースにかなりの余裕が出来ました。通常のガソリンエンジン車を含むコンパクトカークラスでトップレベルのゆとりを持っています。物を出し入れする高さでの開口部の幅は大きく取られており使い勝手が良いです。

 

コンパクトカークラスでは重要になる小物を置くスペースとして、メーターサイドボックス・カップホルダーの付いたフロントコンソールトレイ・フロント両側ドアにポケット・同じくボトルホルダーが付きます。かなり使い勝手の良さがあります。

 

ビジネスユースからファミリーカーとしてまで、幅広く受け入れられているのが頷けます。

アクア価格ネット TOPページへ >>



アクアを安く買うコツは、今の愛車を≪最高価格≫で売って、その代金を新車購入に充てることです!

愛車の最高価格を「ズバット車買取り比較」で確認して見る!>>