アクアは多彩なグレード展開で好みに合った選択ができる|アクア価格ネット

MENU

アクアは多彩なグレード展開で好みに合った選択ができる

アクアは多彩なグレード展開で好みに合った選択ができる

2011年の発売以来、大人気となっているトヨタ・アクアは、依然として販売ランキングの上位に存在し続けています。

 

運転しやすいコンパクトなサイズ感や燃費の良さから、老若男女問わず引き合いが強い車で、外に出れば必ず1台は目にするのではないでしょうか。

 

見た目もキュートのようでスポーティにも見える、秀逸なデザインだと思います。

 

フルモデルチェンジの情報が囁かれる時期に来ていますが、車としての先進性と完成度は高く、購入して後悔はしないはずですし、いろいろなグレードが展開されていて自分に合ったモデルを選ぶことができます。

 

アクアは1.5Lのガソリンエンジンにモーターアシストを組み合わせたハイブリッド専用車なのですが、エンジンのバリエーションがこれ1種類のみというポイントが、逆にグレード選びをしやすくなっていると思います。

 

純粋な装備の違いで考えることができるのですね。

 

アクアのグレード展開

アクアには6つのグレードが用意されています。

  • 標準モデルとして「L・S・G」の3つ
  • Gに合成皮革シートをあしらった「ブラックソフトレザーセレクション」
  • クロスオーバースタイルの「X-URBAN」
  • スポーティグレードの「G’s」

価格は176万円〜243万円となっており、トヨタ販売店によると、最も人気の高いグレードは「S(約189万円)」とのことです。

 

自分の好みに合わせたグレード選択ができる

簡単にグレードごとの解説をします。

 

Lグレード

最廉価の「L」グレードは、装飾を省き、シートやタイヤなどの装備を限りなくシンプルにして価格を抑えていますので、レンタカーや法人向きに限られます。なんと、リアウインドウは手動です。

Sグレード

「S」は中間グレードで、必要な装備は揃っています。

 

オプションで安全装備やアルミホイールを装着すれば十分満足できる仕上がりとなりますので、最も購入車が多いグレードです。

 

Gグレード

「G」は「S」に約11万円UPで、内装の質感向上、安全装備の標準化、クルーズコントロールが装備(これはSだとオプションでも装着できません)されている高級グレードになります。

 

ブラックソフトレザーセレクション

そして、Gに約8万円UPで合成皮革シートをあしらった「ブラックソフトレザーセレクション」は、シートとスマートエントリーシステムの違いのみになります。

 

「X-URBAN」と「G’s」

マイナーチェンジの際に追加された特別なグレードとして、クロスオーバースタイルの「X-URBAN」、スポーティグレードの「G’s」があります。

 

前者は個人的なオススメとして詳しく後述します。

 

「G’s」は、「G」をベースとしてスポーティに仕上げましたので、機能的な面では「G」と共通になります。

 

約243万円と高額ですが、スポーティグレードとして専用エアロ&フロントグリル、17インチアルミホイール&扁平タイヤを装着しています。

 

また、エクステリア以外でもスポーツシートの採用やサスペンションチューニング、ボディの強化も施され、燃費性能の高さはそのままに、ハイブリッドカーの走る喜びと楽しさを体感できるグレードになっています。

 

このようにエンジンや車体のタイプは共通ですから、自分の必要な装備と相談して、この6つのグレードの中からピッタリの1台を選ぶことができます。

 

オススメのグレード X-URBAN

オススメのグレード X-URBAN

私の個人的なオススメグレードは「X-URBAN」です。

 

価格は約210万円と、売れ筋の「S」グレードよりも約20万円もUPしてしまいますが、本革ステアリングに合成皮革シート、そして安全装備のToyota Safety Sense Cが標準装備となっているので、これらの装備が必要な方のとってはこの価格差は縮まりますし、装備されていれば所有した時の満足度は高いはずです。

 

そして何よりも、大径タイヤと16インチアルミホイールによる足元の引き締まり感と車高のUP、専用スポイラーによる加飾のおかげで、個性的で格好良いスタイルに仕上がっています。

 

これで20万円のUPなら安いと思いませんか?私は、車にとってスタイリングも重要な要素だと思うので、このX-URBANは好きです。

アクア価格ネット TOPページへ >>



アクアを安く買うコツは、今の愛車を≪最高価格≫で売って、その代金を新車購入に充てることです!

愛車の最高価格を「ズバット車買取り比較」で確認して見る!>>