エアロ・スタイリングパッケージ・モデリスタ・TRD|アクア価格ネット

MENU

スポーティで低重心なエアロ・アクアはいかが?

スポーティで低重心なエアロ・アクアはかっこいい

 

人気を博しているアクア

大人気のTOYOTA・アクア。

 

その人気は発売から6年が経過しても衰えず、先日発表された2017年上半期の新車販売台数ランキングにおいて、8位にランクインしているほどです。

 

これは軽自動車も含めた全車種のランキングなので、大健闘していると言えるでしょう。

 

最近ではフルモデルチェンジの情報が囁かれる時期にも来ていますが、先月にはマイナーチェンジも実施して車としての先進性と完成度を高く保っており、購入して後悔はしないと思います。

 

むしろ、熟成されたアクアは非常にオススメな車であります。

 

今なら値引きも拡大しているため、好条件が引き出しやすいと思いますよ。

 

素のアクアのスタイリング

アクアのスタイリングですが、キュートのようでしっかりとスポーティに見える、非常に秀逸なデザインだと私は思います。

 

だからこそ、老若男女問わず人気があるのでしょう。

 

今回のマイナーチェンジでは、さらにスポーティ寄りになりましたね。

 

空気を裂くようなフロントデザインに、その裂かれた空気を集めて流すリアスタイル。

 

真横から見ると、スポーツハッチバックと思えるスタイリングをしていると思います。

 

角と曲線の使い方が絶妙で、私個人としては非常に好きなスタイルですね。

 

この感覚は、エアロパーツを装着していない素の状態を見て感じるのです。

 

つまり、エアロを検討する時は、このスポーティさを活かすようにするのがオススメかつアクアに似合うスタイルになります。

 

スポーティなエアロが似合う

先述しましたが、アクアにはスポーティ志向のエアロパーツの相性が良いと思っています。

 

実際には、スタイリングだけではなく、モーターアシストによる力強い走りとバッテリーを低い位置に搭載することによる低重心な走りを披露しますので、中身も十分にスポーティではあります。

 

今回のマイナーチェンジで廃止されてしまいましたが、G’sというスポーティグレードもありましたね。

 

そのため、今回はスポーティなエアロスタイルを考えていきたいと思います。

 

さらに低重心に

さて、インターネットで検索するといろいろなエアロスタイルの画像がでてきますが、迫力あるスポイラーで低重心さを演出したものが多いかと思います。

 

もちろんローダウンすると本格的になりますが、車高は純正のままでもエアロパーツで十分に低重心スタイルを作ることができます。

 

周囲に張り出したスポイラーを車一周に装着。

 

これは最低限押さえておきたいですね。

 

ノーマルではリアがやや上がり気味なので、エアロパーツはリアをしっかり下げるようなデザインのものを選択すると良いでしょう。

 

オススメのエアロスタイル

アクアには、メーカー純正のエアロパーツが豊富に用意されています。

 

やはり人気車!という感じで、いろいろなスタイリングがあります。

 

カスタム需要も多いのでしょうね。

 

販売台数が多い車は、どうしても個性が埋もれてしまう傾向にあるので、エアロパーツで差別化を図るのは良いことだと思います。

 

愛着も湧きますし。

 

スポーティなエアロスタイルとしては、スタイリングパッケージ、モデリスタ、TRDがあります。

 

どれも非常に魅力的で、スタイリングパッケージはさりげない感じ、モデリスタはエレガントさ、TRDは本格的なスポーツエアロ、という印象でしょうか。

 

金額は、スポイラー車一周分でスタイリングパッケージが約13万円、モデリスタが約10万円、TRDが約15万円となります。

 

モデリスタはお得な値段設定で人気が高く、またTRDのフロントスポイラーはLEDデイライト付きになり、非常に格好良いと思います。

 

私のオススメはTRDですが、好みに応じて選ぶと良いでしょう。

 

また、社外品のエアロパーツもあります。

 

各社、純正品よりもアグレッシブなスタイルを表現しており、インパクトは社外品の方が大きいと思います。

 

社外品を含め選択肢が非常に多いのが悩みどころである一方、自分だけのアクアに仕上げることができるという魅力でもありますね。

アクア価格ネット TOPページへ >>



アクアを安く買うコツは、今の愛車を≪最高価格≫で売って、その代金を新車購入に充てることです!

愛車の最高価格を「ズバット車買取り比較」で確認して見る!>>


スポーティで低重心なエアロ・アクアはいかが?関連ページ

アクアの純正ホイールの種類と印象/おすすめ
アクアのタイヤサイズがUP!