アクアの純正ホイールの種類と印象/おすすめ|アクア価格.net

MENU

アクアの純正ホイールの種類と印象/おすすめ

アクアの純正ホイールの種類と印象

メーカーオプションを合わせると、非常に豊富なラインナップ

TOYOTA・アクアは発売以来、常に販売台数ランキングで上位をキープしている人気車種です。

 

ハイブリッド専用車で燃費性能が高く、サイズもコンパクトなので運転もしやすい車で、老若男女問わず人気を集めています。

 

しかし、人気車種であるが故に、街中で同じ車ばかりになってしまい、個性が埋もれてしまう・・という歯がゆさがあるのも事実ですよね。

 

そこで、メーカーは「自分だけの1台」としてカスタマイズできるように、多くのグレードやカラー、オプションパーツを用意しています。

 

中でも「ホイール」は、他の車種に比べて種類が非常に多いのが特徴です。

 

標準装備のホイールでは、最廉価グレードの「L」は14インチのスチールホイール、その上の「G・S」に15インチのスチールホイール、となっていて、基本となるグレードにはスチールホイールに樹脂カバーを装着している形となります。

 

いわゆる「鉄チン」と呼ばれるものですね。

 

見た目の格好良さや軽量性といった性能面ではアルミホイールの方が優れている部分が多いので、アルミホイールを装着したいという方も多いでしょう。

 

L・G・Sそれぞれ、約5万円で同サイズのアルミホイールにグレードアップすることができます。

 

GとSには、さらに約5万円プラスすればオプションでカラーホイールが選択できます。

 

形状は同じですが、オレンジ、ゴールド、ブラック、ホワイトの4種類の中から好きな色を選べますので、車体色の種類も多いアクアではコーディネートに役立ちそうですよね。私も、これはオススメだと思います。

 

X-URBANでは、専用のアルミホイールが用意されています。

 

最低地上高を上げるために、175/60R16タイヤに16インチのアルミホイールという径の大きなタイプが装着されます。ホイールの主張が強く感じて、迫力が出ますね。

 

さらに、走行性能を追求したホイールも多数用意されています。

 

約11万円でオプション設定(G・Sのみ)となる「ツーリングパッケージ」を選択すると、195/50R16タイヤに16インチのアルミホイールが装着されます。

 

ホイールのデザインはシンプルですが、195mmというプリウス並みに太いタイヤを履くので、さりげないスポーティさが演出できます。

 

スポーツグレードの「G’s」では、195/45R17タイヤ&17×6.5J G’s専用アルミホイールとなり、スポーティな17インチの扁平タイヤが存在感を示します。

 

細めのスポークにブラックとレッドの組み合わせは非常に格好良く、純正ホイールの中でも拘ったデザインだと思います。

 

もちろん、軽量化と高剛性を両立していて性能面でも不満はありません。

 

ただし、サイズが大きくなると回転半径も大きくなってしまうので、そこは注意が必要です。G’sは、なんと5.8mになります。

 

こだわり派にはTRDとモデリスタがオススメ

拘り派にはTRDとモデリスタがオススメ

トヨタでは、TRDとモデリスタからもホイールが発売されている車種が多いです。このアクアにも、専用ホイールが用意されています。

 

これらのホイールは純正パーツとしての保証を受けることができますので、安心して購入できるのが良いところです。

 

TRDからは、195/50R16タイヤに16インチのアルミホイール(タイヤもセットで約20万円)、モデリスタからは14・15・16インチ(タイヤセットでそれぞれ約15万円)の各サイズがラインナップされています。

 

特に、モデリスタのMODELLISTA X-CLAWという15インチのアルミホイールが私は好きです。

 

マットブラックをベースとして、シンプルなデザインで非常に引き締まっていて、最近人気の高いクロスオーバーSUV風に仕上がります。

 

これは街中でもあまり見かけないので、個性的なアクアに仕立てることができそうですね。

 

このように、メーカーオプションも含めると多くの種類があり、それぞれ違った雰囲気を演出しています。

 

スポーティか、シンプルか、ポップな雰囲気か、どんな車に仕上げたいか考えながらホイールを選んでみては。車選びも楽しくなりますよ。

アクア価格ネット TOPページへ >>



アクアを安く買うコツは、今の愛車を≪最高価格≫で売って、その代金を新車購入に充てることです!

愛車の最高価格を「ズバット車買取り比較」で確認して見る!>>