アクアの長所・欠点|アクア価格ネット

MENU

アクアの良いところ悪いところ

コンパクトカーとして敵なしのアクア

コンパクトカーとして敵なしのアクア

各種自動車雑誌・ネットでの評判を見ると、殆どの場合アクアは手放しで褒められています。実際、他の項で色々と記してまいりましたが、けなすところが少ない車なのです。

 

エクステリアデザインはフロントマスクからテールエンドに至るまで、現在トヨタの主流になっている統一感のあるデザインです。コンパクトカーとしては良くまとまっています。

 

内装もコンパクトカークラスでは最上のデザインと機能性を持っています。エンジン・ハイブリッドも熟成が進んだ1NZ-FXE型 1.5 L 直4 DOHCは、非の打ち所がないと評しても問題ありません。

 

足回りも同様です。初期のハイブリッド車で問題視された電池のレイアウト故の設計の自由度問題も解決され、現代的なサスペンションを搭載する事が可能になりました。快適な乗り心地からコーナリング・ハンドリング性能となりコンパクトカークラスでは敵がいないといえます。

 

アクアの欠点とは

悪いところなんて無いのではないか?実際そうなのです。コンパクトカークラスでアクアに勝るデザイン・内装・エンジン・サスペンション性能の車はほぼ見あたりません。

 

ここが1番問題なのです。

 

アクアの販売価格帯は170万円〜220万円と、コンパクトカークラスよりも少し上位となります。実質的に購入時の比較対象となるライバルは、同じハイブリッド搭載車であるフィットHVを除けばミドルクラスセダンもターゲットになります。同じ土俵で比較するには若干の難点があります。

 

分かりやすいところで言えば質感です。

 

大きく違うのは、細かな部品の取り付け方法と取り付け剛性に関わってきます。例えばアクアのリアゲートを開放すると、テールランプを固定しているボルトが見えます。他にはドアキャッチャー・テールゲートのキャッチ部分に使用している金具のチャンネル材の太さもそうです。

 

同じ箇所がプリウスになると、テールランプの固定部分はプラスティックでカバーされ、キャッチャーはもう少し剛性の高そうな部品となっています。言ってしまえば微々たる違いです。

 

この違いがアクアのドアやテールゲートを開け閉めしたときに、ほんのわずか違和感を覚えることになります。

 

こういった細かい部分でのコストのかけ方は、コンパクトカークラスの車格を持つアクアでは当たり前の事なのですが、単純に価格だけをみてミドルクラスセダンと比較してしまったユーザーにとっては「安っぽく」感じる部分かもしれません。

 

しかしこれは欠点と言えるでしょうか?

 

ハイブリッドという高価な技術を惜しげもなく使い、コンパクトカーの車格に納めての170万円〜の価格ですから、実際に価格だけを見て直接比較してしまう方に問題があります。

 

前述したようにアクアに乗ると、他のどのコンパクトカーと比較しても1クラス上に感じます。HV車の利便性・所有する喜び・トヨタが掲げるFUN to Driveを考えるとアクアはベストチョイスのひとつであるといえます。

 

欠点らしい欠点が見あたらないのがアクアの唯一の欠点なのかもしれません。

アクア価格ネット TOPページへ >>



アクアを安く買うコツは、今の愛車を≪最高価格≫で売って、その代金を新車購入に充てることです!

愛車の最高価格を「ズバット車買取り比較」で確認して見る!>>