アクアのライバル|アクア価格ネット

MENU

アクアのライバル

アクアの位置づけとトヨタの戦略

アクアのライバル

アクアはHV車としては安価とはいえ、車格から言えばコンパクトなクラスとなります。

 

しかしアクアのユーザーは、本来のコンパクトカークラスのユーザー層に加え、車格よりも高騰してしまった価格が原因でミドルクラスの車種を購入していた層もユーザーには含まれています。さらにビジネスユーザーが入り、複雑なユーザー層を形成しています。

 

そこでトヨタの取った戦略は、廉価モデルからフルオプションモデルまで、アクアのグレードを幅広く取ることでした。実際、最廉価モデルであるLグレードとフルオプション限定モデルでは、定価で50万円の差があります。こうすることでアクアの購入を考えた場合は、幅広いレンジのライバル車を比較対象にする事になります。

 

例えば同じトヨタではbB・ist・シェンタ・ポルテなどが同価格帯、ヴィッツ・パッソが同車格帯、プロボックスがビジネスユーザー向けとしてライバルになります。また、カローラアクシオは、同価格帯・HVとして比較の対象とされるようです。

 

アクアの他社メーカーのライバル

対して、他メーカーでライバルとして比較するとしたらどんな車種でしょう?

 

ハイブリッド車に限定して考えると、まず思い浮かぶのがホンダのフィットHVです。車格はほぼ同じで、価格帯はアクアの廉価モデルに近い設定となり、値引きなどを含めばほぼ同じクラスと言えます。ただしホンダ車の常で、オプション装備である程度補わないと室内の質感はチープな印象を受けます。

 

さらにエンジンを含むHVの特性が、ホンダとトヨタで考え方に違いがあります。エンジンのパワー不足を補う過給器(ターボ)のような考え方でHVを使用しているホンダに対し、エンジンでの走行時とモーターによる走行を切り替えながら効率よく使用する特性のトヨタ。好みの問題もありますが、直接的なライバルといえる車種です。

 

マツダフレア・スズキワゴンRのハイブリッドは、同価格帯でのHV車となりますが、軽自動車となり、購入時の比較対象にはなりにくいようです。

 

これ以外の車種ではHV車以外をチョイスしないと、アクアのライバルとはなり得ないわけです。

 

コンパクトカークラスでは、全くライバルがいない状態です。あえて言うならば日産のマーチ・スズキのスイフト、フォルクスワーゲンのup!でしょうか。どれもチープな印象になります。

 

価格帯を中心に考えるとマツダではアクセラ、日産ではキューブ・ノート・ラディオ、スバルではインプレッサG4あたりになります。コンパクトカークラスでも上級な車種と、ミドルクラスのセダンが比較の対象となります。

 

実際アクアを購入する際に比較をした場合、燃費・車としての出来・信頼性・ハイブリッドという最新技術、全てに置いて優位なアクアを選ばない理由は殆どありません。やはりアクアが売れているのには訳があるのですね。

アクア価格ネット TOPページへ >>



アクアを安く買うコツは、今の愛車を≪最高価格≫で売って、その代金を新車購入に充てることです!

愛車の最高価格を「ズバット車買取り比較」で確認して見る!>>